人馬一体を観る

ただ今、めざましジャンケン6連勝中の

メディアリンクのスタッフの一人です。

 

日曜日になると、TVで競馬を観るのが日課なのですが、北九州市にはJRAの「小倉競馬場」があるので、小倉競馬が開催される、夏と冬の時期には必ず一度は足を運びます。

 

写真は、今年の2月に小倉競馬場に行った際、藤田菜七子ジョッキー。

「サヤネエ」という一番人気の馬に騎乗していたのですが、負けちゃいました。

ちなみに私も1000円JRAに寄付しました。

 

それはそうと、間近で競馬を観ると緑の芝生を駆け抜ける「ドドドドドッ」という地響きのような音、観客からの歓声、怒号。筋肉質な競走馬の迫力たるや、素晴らしいものがあります。興奮しますねー!

 

ちなみに、感動して観るたびに涙を流してしまう私のおすすめ映画は「レ・ミゼラブル」「戦火の馬」ですから、何かしら馬に対しては感情が動いてしまうのでしょう。

馬の目を見つめていると、何か人間の気持ちを分かっているようで落ち着きます。

いやー、でも、それでも、の方が好きですけど。

 

なので、競馬で負けた時は、賭けていたジョッキーと馬を罵倒しまくります。

 

「てめーこの野郎、藤田!てめーこの野郎、サヤネエ!」

 

人馬一体が美しいと純粋に思えるときが果たして来るのでしょうか。

 

春のG1ロードも頑張ります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。